Column|京都の制作スタジオを訪ねて

Column|京都の制作スタジオを訪ねて

朝6時24分、新横浜発の新幹線にはポツリポツリと出張へ向かうビジネスマン、旅行へ胸を弾ませる家族たちが少しだけ乗り込んだ独特の空間だった。この日、単身「京都」へ向かったのは「Tシャツ」という物の価値を再発見するためだったのかもしれない。京都駅から私鉄に乗り換えて「JAMMIN」さんへ到着した...

もっと読む
Column|ウィズコロナにおけるものづくり。

Column|ウィズコロナにおけるものづくり。

近代の進歩と言えば「工業化」による利便性と快適性の追求。そこには「一極集中」という強い磁力が働き、地方から都心へ、分散から集合へ、異質から同質へ。そうやって我々が暮らす場所や、住まいや、衣服は、それらと共に生きる我々の「価値観」を道連れに、100年以上かけて一つの焦点に向けてずっと密度を高め...

もっと読む
Column|ランニングとビール

Column|ランニングとビール

「何のために走るのか」走ることを日常としない人が、この暑い最中に「走る」という行為を選ぶ人々を目の当たりにした時に、まず頭に浮かぶのはこんな一言なんじゃないだろうか。きっとそこには、その人にしか分からない「走らねばならない」合理的な理由があるのだろうと。残念ながら、それはYESでもありNOでも...

もっと読む
Column|朝と私と、ナイスラン

Column|朝と私と、ナイスラン

朝靄が残る河川敷を駆け抜ける。深い眠りで硬直した身体が溶け出すのを感じながら、空っぽの頭に響くのは鳥のさえずりと、自らの吐息だ。世の中が動き始めるその前に、わざわざランニングシューズの紐をギュッと絞めて走り出す自分を、どこか客観的に「よくやるな...今日も」と呟きながら、とは言えちょっとだけ...

もっと読む